ビタミンCとEは活性酸素を発見すると無毒化する

 

人間は生きている限り活性酸素(フリーラジカル)から逃げることはできません。

ビタミン

酸素は人間が生きるために絶対になければならない物質ですが、機械にサビを生じさせるのと同様に人体にも衰退や破壊をもたらす存在です。

人間は食べ物を食べるとミトコンドリアの内部で食物を酸化させてエネルギーを取り出します。このとき通常ならば水素分子と化学反応を起こして水が作られますが、その過程で分子が不足しているスーパーオキシドが発生します。

スーパーオキシドは活性酸素として体内で活動しますが、この物質は分子が一つ不足しているので、手当たり次第に様々な細胞を破壊して分子を奪い取ろうとします。

そのせいでたんぱく質や脂質、DNAが破壊されて細胞が老化したり、ガン化しやすくなります。

活性酸素を除去するビタミン

体が酸素をエネルギーに変える過程で発生する活性酸素ですが、これを防ぐためには抗酸化物質を摂取するしか方法はありません。

ビタミンCとEは活性酸素を発見すると無毒化する働きがあるので、細胞の老化を防ぐことができます。またポリフェノールにも抗酸化作用があるので、ビタミンCとE、そしてポリフェノールを含んでいる緑黄色野菜は2つの作用で細胞の老化を防ぎます。

食物が出す活性酸素の量の違い

活性酸素は食品によって発生する量が異なります。果物や野菜は相対的に活性酸素を減らす働きがありますが、油に関しては種類によって活性酸素の発生量が異なるので、摂取量には注意をする必要があります。

動物の肉に多く含まれている多価不飽和脂肪酸は活性酸素の攻撃に弱いのですぐに酸化をして血管などを老化させてしまいます。

これに対してオリーブオイルなどの植物油に含まれている一価不飽和脂肪酸は活性酸素の攻撃を受けにくいので酸化しにくい性質があります。またオリーブオイルに含まれているフラボノイドは強い抗酸化作用があるので、二重の意味で活性酸素を防いで老化を予防することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket