ミネラルを多く含む食べ物、体本来の働きを取り戻す

 

ミネラルは、五大栄養素のひとつで、身体本来の機能を維持するほか、身体の機能を調節するのにも役立っています。

またミネラルは、体内の生理機能や代謝などにもかかわっている栄養分です。このように、ミネラルは、体になくては欠かすことのできない栄養素とえいます。しかしながら、ミネラルは体内で作ることができないという特徴を持っています。そのため、ミネラルは食べ物として体外から摂取するしかないことにも注意が必要ではないでしょうか。そのため、ミネラルを含んだ食物を、普段からバランスよく摂取していく必要があるのです。

潤い

ミネラルを含む食べ物

ミネラルを含む食べ物としてよく知られているのが、桜エビです。海でとれる桜エビは、それほど大きいわけではありませんが、それでもミネラルを多く含んでいます。ミネラルを豊富に含んだ桜エビは、ミネラルの成分のうちでも、銅、カルシウム、マグネシウム、リン、カリウム、亜鉛、ナトリウム、鉄などを多く含んでいます。この桜エビをおいしく味わうには、ご飯やお好み焼きなど、さまざまな料理にあわせるのもいいでしょう。また、桜エビのほのかにも、うるめいわしにも、ミネラルが多く含まれています。

とくに、うるめいわしは、ミネラルのうちでもナトリウムが多いことでも知られています。そのほかにも、うるめいわしにはカルシウム、カリウム、リン、鉄、マグネシウムなどミネラルの成分が多く含まれています。このように、日本の食事におなじみのうるめいわしを食べると、効率良くミネラルを摂取することができるのです。うるめいわしをおいしく味わうには、煮つけがおすすめです。

このほかにも、焼きのりにもミネラルが多く含まれています。焼きのりには、ミネラルの成分のうち、カルシウム、ナトリウム、カリウム、リン、鉄が多く含まれています。さらに海苔にはマグネシウム、銅、ビタミンCなど豊富にも含まれており、焼きのりを一枚食べるだけでも、効率よくミネラルをとることができるのです。そのほかにも、カットわかめには、カリウムが多く含まれているほか、カルシウムやナトリウム、リン、鉄も摂取することができます。

ワカメは、味噌汁やサラダなどさまざまな料理に合わせて調理できるため、毎日の食事で、手軽にミネラルを取り入れることができます。また、これと同じようにミネラルが豊富に含まれているのが、切り干し大根や納豆です。いずれも、日本の食卓には欠かせない食べ物です。こうした食べ物をバランスよく、食事に取り入れることで、ミネラルを豊富に摂取することができます。

ミネラルが使用されている商品

ミネラルは、食物だけでなく、さまざまな商品に使用されています。そのうちのひとつが、化粧品のファンデーションです。女性向けに、ミネラルファンデーションといった商品名で販売されていることも多いようです。

ミネラルファンデーションには、高いスキンケア効果があるといわれています。また、ミネラルを多く含んだサプリメントも、さまざまな商品が販売されています。こうしたサプリメントを活用すれば、ゆっくり食事を作ることができない人でも、効率的にミネラルを摂取することができます。とくにミネラルが不足すると、骨が弱くなったり、貧血、味覚不足などを引き起こすといわれています。

こうしたミネラルのサプリメントを使えば、より健康的な生活を送ることができるのではないでしょうか。また、ミネラルをとることで、骨を強化したり、筋肉や神経の働きを正常にしたり、消化や代謝を助けるともいわれています。ミネラルのサプリメントを使えば、体本来の働きを取り戻すことにもつながるといわれているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket