万能薬として重宝されているシアバター

 

シアバターはアカテツ科のシアバターノキの種子の胚からとれる植物性脂肪です。原産地としてはナイジェリア・ブルキナファソ・ガーナなど西アフリカ方面です。万能薬として重宝されており、食用のほかに薬や石鹸、クリームなどにも配合されています。

古くから生産地では食用・薬品・燃料として利用され、薬品にも応用されてきました。用途として傷や火傷の治療であったり、筋肉痛やリュウマチ、白髪や脱毛の予防まで幅広く用いられていました。中でもガーナで行われているのは、新生児に対して生まれてすぐに全身にシアバターを塗ることです。これは紫外線からお肌を守るだけでなく、乾燥にも備えているのです。それ以外にも消毒や止血といった役割もあり、美容・薬用両面においても優れものです。

シアバターの主成分はステアリン酸とオレイン酸で、それ以外にも微量に美容液が含まれています。このステアリン酸はとても酸化しにくく抗酸化作用を持っています。またオレイン酸は長期間の保湿が可能で、お肌によく浸透してくれます。これらの主成分は人の皮脂と似た成分であり、肌馴染みがいいのが特徴です。微量の美容成分としていくつかありますが、アラントインはお肌のダメージを保湿しながら改善してくれるのですが、自然治癒力を促進する効果があるからです。カロチノイドには皮膚や粘膜の再生を促す成分が入っていて、カサカサお肌をサポートしてくれます。トコフェノールは天然のビタミンEでお肌の老化を防ぐ役割があります。トリテンペンアルコールは保湿効果に優れており、お肌を柔らかくする作用があります。

また、常温の場合は固形ですが、お肌に塗ると体温で溶けますのでじんわり浸透していきます。

オイル

まるでオイルのようですが、バターと呼ばれるのは融点が高く常温では固形のままなことからです。ココアバターやマンゴーバターも同じような原理です。美肌化粧品として利用されるようになったのは近年のことで、複数の化粧品メーカーからボディーローションやボディークリームが販売されています。その使い勝手の良さから、リップクリームやハンドクリームも人気でシャンプーや石鹸などとともに、化粧品アイテムとしてのポジションを確固たるものにしました。1980年代以降日本やアメリカ、ヨーロッパ諸国はどんどん輸入するようになりました。

美肌化粧品のロングセラーとして全身に使えるリッチな保湿クリームがあります。自然由来でコクのあるテクスチャーがお肌をしっとり守ってくれます。顔やボディーだけでなく、髪の毛先にも塗ることでリッチにうるおい枝毛や切れ毛を防いでくれます。もちろん爪に塗ることでツヤのあるプロテクト効果も期待できます。

寒さや乾燥から全身を守るコンセプトから美肌化粧品としてのシアバターは、保湿力抜群で乾燥肌対策に大いに活躍しています。それだけではなく痒みの緩和といった機能もありますから、気になるところへピンポイントでも使えます。塗った直後はベタベタ感があり気になる人もいるかも知れませんが、すぐにお肌に浸透しますからサラッとして肘やかかとにもおすすめです。お風呂上りや洗顔後にすぐに使うと効果がアップします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket